スポンサーリンク

歯軋りの症状

スポンサーリンク

あなた歯軋りしてたわよ。何て言われたことはありませんか?
歯軋りと言うとギリギリと不快な音たてるイメージですが、歯軋りの症状は3つに分かれている事をご存じでしょうか。 歯を噛みしめて食いしばる「クレンチング」。ガチガチと音をさせながら噛む「タッピング」。 そして、ギリギリと音をさせながら歯を磨り潰す「グラインディング」です。

クレンチングは音が少なく周りも中々気付けないのが難点です。タッピングやグラインディングは音も大きく、 周りで寝ている人には非常に迷惑になってしまう事もあります。 特にグラインディングは歯軋りの中でも代表的で大抵の人は歯軋りというとこれを思い浮かべるでしょう。

これらの3種類の症状を、ブラキシズムなどと言います。歯軋りによる体への悪影響はけっして少なくありません。

長期にわたる歯軋りのもたらす悪影響はどれも同じように深刻です。歯が割れたり、磨り減るのは勿論。 そこから知覚過敏になったり、歯周病を悪化させる原因になります。

歯軋りのデメリット

歯軋りの症状を引き起こす原因

ではこれら歯軋りの症状を引き起こす原因は何なのでしょう。 実は直接的な原因などはまだまだ解っていないのが現状なんです。現段階で有力と言われている原因はストレスによるものです。ストレスの発散方法として歯軋りをしていると考えられています。 他にも歯並びが極端に悪かったり噛み合わせが悪かったりすると、歯軋りの症状を起こす可能性があるようです。

歯軋りの症状を改善するには?

では、歯軋りの症状を改善する手立てはないのでしょうか?
今のところ、マウスピースという器具を付けて歯への負担を減らし、ストレスを別の事で発散させるのが一番の改善方法と言えるでしょう。他にはお金がかかりますが、矯正歯科で歯軋りを治すと言う手もあります。歯軋りは何より自覚出来ないことが難点です。早期発見できればそれだけ歯への負担は減ります。ですのでパートナーやお友達が歯軋りをしてたら教えてあげるのは大切な優しさかもしれませんね。

スポンサーリンク