スポンサーリンク

歯軋りと歯周病

スポンサーリンク

歯周病の原因の1つに歯軋りであることをご存知でしょうか?

歯周病とは、骨や歯茎などの歯の周囲の組織が炎症を起こすことです。歯周病の原因には歯周病菌によるものが多いのですが、骨や歯茎に最もに負担をかけるのは歯軋りや食いしばりです

。歯軋りや食いばしりは、歯周病の症状を急速に悪化させる以外に、歯が折れたり、われたり、などの症状が起きます。

顎関節症のまた顎が痛い、口が開かないなどの症状も併発します。歯軋りは他にも冷たいものがしみるなどの知覚過敏、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、腰痛などの原因にもなります。

歯周組織に負担

朝起きると顎がだるかったり、歯に違和感や負担を感じることがあります。これは寝ている時に歯軋りによって、歯に過度の力が加わって、顎や歯に負担がかかるためです。

大小少なかれ、誰でも歯軋りや食いしばりをします。しかし、それが長期化してしまうと歯や歯周組織に負担がかかり、歯周病を重症化させてしまいます。重度の歯周病のほとんどの場合は歯軋りや食いしばりによって、歯周組織に負担をかけています。

普段から歯磨きをしっかりとしているのに歯茎から出血があったり、歯が動いたり、抜けたりする場合は、歯軋りなどが原因かもしれません。歯周病の治療だけでなく歯軋りの治療もする必要があります。

スポンサーリンク