スポンサーリンク

歯軋り防止のマウスガード

スポンサーリンク

歯軋りの防止にマウスガードを使う方法もあります。

睡眠中にマウスガードを装着して、歯軋りやいびき防止に使います。自分の歯に合った形に加工できます。

しかし、下記のような人には、マウスガードによっては使用できない場合があります。

またマウスガードは消耗品です。匂ってきたり、穴が開いたりして、劣化した場合は、また新しく作製する必要があります。それと基本的に、子供にはマウスガードは、使用しません。重度の歯軋りでどうしても使用しなくてはいけない場合は、使用限度が来る前に作り変える必要があります。

歯医者さんでマウスガードの作製

歯軋りの防止装置用マウスガードは歯科用です。 スポーツ用とは異なります。 歯型に合わせて、装置をオーダーメイドで作製します。

マウスガードを作製するためにかかる費用

マウスガード本体は、5,000円くらいですが、歯医者さんへ初診を含めて2回くらい通院する必要があり、その分の料金が追加されます。さらにレントゲン撮影や虫歯治療などを行う必用がある場合、その分の費用が追加されます。

スポンサーリンク