スポンサーリンク

食いしばりとは?

スポンサーリンク

皆さんは食いしばりってご存じですか?そう、力を入れた時にふんぬー!と上下の歯を力を込めて噛みしめますよね。 あれです。あれの事を食いしばりと言うのです。

その食いしばりが実は危ない事はご存じでしたか?

通常力をいれた瞬間や集中している時などに食いしばるだけならば大して問題はありません。 ですが、仕事中や眠っている時などに、無意識に長時間食いしばるのは大問題なのです。

食いしばりによる歯への負荷

長時間食いしばる癖がついてしまうと、歯軋りのように様々な問題を引き起こします。
先ず歯への負担は勿論ありますので、歯が折れたり割れる事があります。更に知覚過敏や頭痛に肩こりなども引き起こし。 歯周病や顎関節症が悪化してしまう原因にもなるのです。大変怖いですね。しかもこの食いしばり、歯軋りと同様自分ではめったに気付きません。歯軋りでしたらぎりぎりと音が出たりして 一緒に寝ている人がいれば気づいたりするものなのですが、食いしばりは音が出る事は少ないのです。

長期間による食いしばりで歯が磨り減ればぎりぎりと音がなる事もありますが、
初期段階ではほとんど音が出ません。そうなると更に気付きにくくなりますよね。
虫歯はないはずなのに冷たいものがしみたり、顎に違和感を感じたら食いしばりをしているかも知れません。

食いしばりの対策法

寝ている時はマウスピースと言う器具を使用し、起きている時は食いしばりをしないよう気にしてみると良いかもしれません。デスクワークなどでしたら、キシリトールガムを噛むようにするのも良いでしょう。食いしばりの原因はストレスにあるとも言われていますので、ストレスを発散してみても良いかもしれませんね。また、自覚がある方は早急に癖を治しましょう。放っておくと大変な事になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク