スポンサーリンク

いびきと歯軋りの関係

スポンサーリンク

ぐっすり寝ているつもりが…いびきと歯軋りが酷くパートナーに迷惑をかけていた!いびきと歯軋りが心配で旅行へいけない!と言う悩みを持っている方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

実はアメリカの研究で、いびきや無呼吸症候群、寝言を言う人の7割が歯軋りをしているという事が解ったのです。そう、いびきと歯軋りにはなんらかの関連性があるのです。ですがそのメカニズムは未だはっきりとは解明されておらず情報が少ないのが現状です。ではどうしていびきと歯軋りが同時に起こるのでしょう。

先ず歯軋り自体の原因として挙げられるのがストレスです。他にも原因があることもありますが、大抵はストレスによるものだとされています。ではいびきはどうでしょう。

いびきの原因

いびきの原因は呼吸の仕方にあります。のど等の力が抜けて気道が狭くなったり、太ったために脂肪が多くつき、喉の起動がせまくなったり…もちろん鼻の通りが悪くてもいびきの原因になります。そして、ここで最も注目したいのが、歯並びが悪い方も歯軋りなどで口を閉じておきづらくなり口呼吸になってしまう為、軟口蓋と言われる部分が下がりいびきをかきやすくなるのです。

とは言うもののいびきと歯軋りなんて無意識に行われているものですから、どうしようもないですよね。でも諦めないで下さい。実は便利なグッズもちゃんと開発されているんです。

マウスピースにいびき対策をプラス

本来は歯軋りを予防、対策するためのマウスピースですが、このマウスピースにいびき対策がついたものが存在します。 値段は2000円から12000円程度と幅広く、唾が飲み込みやすいもの、自分の歯型に合わせられるものなど様々なものがあります。 ただし鼻呼吸が困難な方は使用すると危険な場合があるため、一度医師へご相談下さい。 いびきと歯軋りに負けず、パートナーも自分も安眠出来るようになる為に一度検討してみては如何でしょう?

スポンサーリンク