スポンサーリンク

歯軋りとは?

スポンサーリンク

歯軋りとは、読んで字の如し、歯と歯がぶつかって、音が軋む状態です。歯の噛み締め、食いしばりやガチガチと音を立てて噛んだり、ギリギリと歯を磨り潰すようになります。

歯軋りになると、音がうるさくて眠れなくなったり、顎がだるくなったり、歯が擦り減ったりします。他には、知覚過敏(冷たいものがしみる)、重症になると、歯が折れたり割れたりします。

現在では、歯軋りのさまざまな治療法が出てきていますが、昔は本人がなかな気づかない(本人は寝ているから)ので、発見や完治をするのが、難しいとされていました。

誰でも、大小少なかれ、歯ぎしりをしますが、毎日、強い歯ぎしりや食いしばりをしていれば、眠りが妨げられるだけでなく、歯や顎関節に大きく被害がでます。音が周囲に聞こえるほどの歯ぎしりは治すべきでしょう。

               

スポンサーリンク