スポンサーリンク

歯軋りの治療方法

スポンサーリンク

歯軋りを治療する方法は、いくつかあります。

噛み合わせや虫歯の治療で歯軋りを治す

噛み合わせなどのせいで、歯軋りが癖になっている人は、噛み合わせの悪い歯を治療したり、矯正することで、歯軋りを防止することができます。

この時に、歯を削る治療だと、かえって歯がボロボロになるだけです。なるべく削らない治療をしたいところです。例えば自分の歯に合わなくなった 金属冠(銀歯など)を交換したりする方法があります。

歯軋り防止アイテムのマウスガード

マウスガードなどの防止アイテムを使うことで、歯軋りを抑えることもできます。人によって効果は違いますが、軽症の歯軋りならこういった防止アイテムで、ある程度対応できます。

歯の矯正治療をして歯軋りを治す

歯の矯正治療をすることで、歯軋りを治す方法もあります。矯正治療の期間は、半年ほどかかりますが、矯正治療後は、個人差がありますが、防止アイテムなどを使わなくても安眠することができます。

歯の矯正治療は、歯軋りを元から治してしまうので、効果は高いようです。

歯軋りの矯正治療は効果は高く良いのですが、保険が適用されないので、費用がかかります。そして、治療期間も長いのが難点です。

歯軋り防止アイテムを使っても全然効果が無い人などは、矯正治療をする価値があるかもしれませんが、防止アイテムで、多少なりと効果が得られている人には、矯正治療までする必要はないかもしれません。重度の歯軋りでお悩みなら、一度歯医者さんに相談してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク