スポンサーリンク

虫歯治療で歯軋り治療

スポンサーリンク

ストレスでぎりぎりと歯軋りをしてしまう事が多いのですが、実は歯軋りの原因はそれだけに留まりません。 歯のかみ合わせが悪くても歯軋りが起こる可能性があるのです。

中々自分では気付かない歯軋りですが、実は虫歯治療で歯軋りが治る事があります。虫歯でしたら自分でも気付く事が出来ますよね。では何故虫歯治療で歯軋りが改善されるのでしょう。

虫歯治療でかみ合わせを自然にする

先ほども言った通り、歯軋りの原因はストレスや噛み合わせ。虫歯治療で歯軋りが治る仕組みはこの噛み合わせにあります。虫歯で歯が痛むと、ついつい片方の歯だけを使ったり、なるべく触れないようにしてしまいますよね。そうすると自然にかみ合わせは悪くなり、顎の骨も変形して、歯軋りをしやすくなってしまうのです。

朝起きると顎が痛くなってたり、ふと鏡で確認したら歯が削れている感じがしたりしていませんか?それは歯軋りをしている可能性が高い事を意味しています。そして虫歯を放ってはいませんか?もしそうなら、その歯軋りの原因は虫歯にあるかも知れません。

歯軋りは放っておくと、顎の骨を更に変形させたり、歯周病を悪化させたりと色々な問題を引き起こします。虫歯は放っておかず早めのうちに歯医者さんへ行って治してもらいましょう。ただし、治療でかぶせた金属冠が合わずに噛み合わせが悪くなり、また歯軋りをしてしまう事も稀にあります。

必ずしも噛み合わせに原因があるとは言い切れませんが、ストレス発散などを試しても改善されない場合一度歯医者さんへ相談してみると良いかも知れません。出来る事ならなるべく削らない治療の方が歯への負担は少ないと言えます。やはり大切なのは日ごろから虫歯にならないように注意する事ですね。

スポンサーリンク