スポンサーリンク

幼児の歯軋りについて

スポンサーリンク

大人の歯軋りは肩凝りの原因になったり、顎関節症の原因となったりと決して良いものではありません。
そうなると心配になるのが幼児の歯軋りですね。歯が削れないかしら?ストレスがたまっているのかしら?と 心配する親御さんは少なくありません。
しかし安心して下さい。幼児の歯軋りは珍しくないものなんです。

子供の歯軋りは、歯の成長と関係

顎は歯が生える場所を得るために常に成長しています。ですが幼児にはそれが不愉快に感じられ違和感がある為に歯軋りをしてしまう事があるのです。また遊べない日が続いたりしてストレスがたまっても歯軋りをおこすことは確かにあります。

ですが大人と違って幼児の歯は乳歯ですよね。永久歯のように丈夫ではないので、歯が磨り減る事がありますが、生え変わりますのでこの時期はまだ心配は要りません。また、噛む力もそんなに強くありませんので、顎の骨への影響もそれほど心配いらないでしょう。ストレス改善のために、お母さんやお父さんが一緒に遊んであげるなどしてみると良いかもしれません。

しかし歯が生え換わっても歯軋りをしたり、余りに酷くてやっぱり心配という時は、歯医者さんに相談してみると良いかもしれません。
歯軋りのしすぎで歯ぐきを腫らしてしまうという事もあるようです。見わけるのが中々大変かも知れませんので、ちょっとでも不安に思ったら迷わず診察してもらいましょう。 ただ、幼児の歯軋りは基本的に成長している証なので、酷くなければ心配の必要はないでしょう。

色々と敏感な年頃になるとストレスも確かに溜まって来てしまうかも知れません。
幼児の歯軋りは成長の証とは言え、稀にストレスが原因の場合もありますから、
たまには親子でリフレッシュしてストレスを発散するのも良いかも知れませんね。

スポンサーリンク