スポンサーリンク

歯軋りの予防方法

スポンサーリンク

ぎりぎりと寝ている時や起きている時も、歯軋りをしてはいませんか?
実は歯軋りは歯が削れたり歯周病が進行しやすくなったりと色々と問題もある行動なのです。 ですが歯医者さんに言っても的確な治療方法がないのが現状です。
これは歯軋りの原因が大抵ストレスにあるからなんですね。では、歯軋りの予防をする事はできないのでしょうか。

ストレスを減らして予防

先ずはストレス。こればかりは人によるものなので、的確な歯軋りの予防とは言えないかもしれませんが、 自己暗示なんていう方法もあるのです。

例えば、夜寝る時に歯軋りをしたら起きる!や今日は絶対歯軋りをしない!

と言った暗示をかけるんですね。とは言っても何か頼りない歯軋りの予防方法ですよね。 そんな方は一度歯並びを見てもらいに歯医者へ行かれてみては如何でしょう?歯並びを直したら歯軋りがとまった。 何ていう例も少なからずあるのですが…。これがまた100%ではないのが現状です。

一番良いのは視野を広げて睡眠障害として受け止める事。
歯医者さんではなくそれらの対応をしてくれる病院へ診察に行ってみるのも大切です。

マウスピースで予防

ストレッチやアロマを楽しんだり、歌ったり踊ったりしてもストレスが解消されずやっぱり歯軋りが続く…なんて方はマウスピースを検討されてみてはいかがでしょう。これは一番有名な歯軋りの予防策です。 歯を傷つけないように守る歯のカバーのようなものですが、市販されているものを購入するのはおすすめ出来ません。

サイズがあわず逆に気になって全く眠れなくなってしまっては意味がないからです。
約5000円程度で、自分にあったマウスピースを作る事も可能です。ですが、診察代金などが別途かかりますのでご注意を。

一番有効な歯軋りの予防策は、やはりストレスを発散する事と言えるでしょう。
溜めこむとそれらが日常や夜寝る時に歯軋りとなって発散されてしまうのです。様々な事をやってみて自分にあったストレス発散方法を見つけるのが、一番効果があるのかもしれません。

スポンサーリンク