スポンサーリンク

歯軋りの対策方法

スポンサーリンク

皆さんは夜寝る時や、普段無意識に歯軋りをしていませんか?
歯軋りは肩こりや偏頭痛の原因になったり、歯が削れたり割れたり…睡眠障害を起こしたりと意外にも多くの弊害を引き起こします。 では、歯軋りの対策方法はどのようなものがあるのでしょう。 先ずは歯軋りの原因を紐解いていきましょう。多くの原因はストレスにあると言われています。

歯軋りはストレスを解消する為の行動と考えられているのです。また、数十年前までは噛み合わせが原因で歯軋りが起こるとも言われていましたが、現在では必ずしもそうではないようです。 因みに、子供の歯軋りなどは歯の生えかわりなどに必要なもので、大抵の場合は自然と治ります。

さて、本題の歯軋りの対策ですが、一番有名なものからご紹介しましょう。

マウスピース(スプリント)

それはマウスピース(スプリント)と言われるものです。マウスピースと聞くとボクシングでよく口に入れてるあれ?
と思われるかも知れません。まさにそれです。歯をカバーして歯が削れるのを防ぎ歯にかかる負担を減らすのです。 保険が適用される場合マウスピースの値段は、歯医者さんで購入すると5000円程度です。 自分にあったマウスピースを作ってもらうためにも出来れば歯医者さんで購入する事をおすすめします。

ですが、マウスピースでは歯軋りの対策と言うにはちょっと心もとないですよね。根本的な解決になりませんし。 他には極端にかみ合わせが悪いとそれらを調整する事で治る場合もあります。 ですが、先に述べた通り歯軋りの一番の原因はストレスによるものなのです。

一番の歯軋りの対策はストレスを減らす

一番の歯軋りの対策はこのストレスを別の形で発散し、溜めないようにする事です。
自己暗示療法や、精神安定剤の使用といった専門的なものから、アロマオイルやスポーツなど気軽にできるものまで ストレス発散方法は様々ですので、是非色々な事を試してみて下さい。 どうしても治らない場合は、歯軋りの治療に力を入れている歯医者さんや、歯とは関係ないので躊躇われるかもしれませんが精神科などへ行って、相談する事をお勧めします。

スポンサーリンク